facebook集客名言

 
 

< Ichigoの今日の名言 >
 
 
今までに、一度も失敗をしたことがない。
 
 
電球が光らないという発見を、
 
 
今まで二万回したのだ。 
 
    
       トーマス・エジソン

 
 
 
 
1回、もしくは数回の失敗で

 
 

挫折してしまう人は多い。

 
 

そして、心が折れてしまいやめてしまう。

 
 

結果を出す秘訣は、

 
 
 
 
結果を出すまでやり続けること。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 

同じやり方ではなく、

 
 
いろんな方法を考えだし、

 
 

チャレンジしまくる。

 
 

好きなことで稼ごうとしている
 
 

人を見ていると、

 
 
 
 

凄く狭い枠の中でちょろちょろ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

やっている人が多い。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
 
 
そして、できるとか、

 
 
できないとか判断している。

 
 

もっと世界は実は広い。

 
 

1つの狭い業界の更に狭い地域で

 
 
競い合ってるに過ぎない。

 
 

それでは稼げる訳がない。

 
 

私が10代・20代の時は、
 
 

本当にいろいろな地域のライバルを
 
 

倒すぐらいの意気込みがあった。

 
 

常に自分より上のレベルの人に

 
 
挑戦し、絶対に負けない。
 
 

 
 
という気持ちだけは強かった。

 
 

最初は、地元の吉祥寺にいる人達と戦い、

 
 

次は、東京都内、関東、日本全国
 
 

といった形でどんどん広げ、

 
 

すぐに海外へ挑戦しにいった。

 
 

好きなことをやりたいけど、

 
 
都内の一部の狭いコミュニティーの中で

 
 
こちょこちょやっているに過ぎない。
 
 

本人達に取っては、
 
 

そこが全てだし、
 
 

そこでまず一番になってから、

 
 
とか考えているかもしれないが、

 
 

そこで一番になっても何も生まれない。

 
 

自分がビリからスタートでもいいから、
 
 

上のステージで常に戦わなければ、

 
 

最速では成長しない。

 
 
それは、そのコミュニティーの求める

 
 
レベルが違うから。
 
 
 
 

地元レベルのコミュニティーにいれば、
 
 
ちょっと上手ければ、凄いとか言われる。

 
 
 
 
例えば、10段階で6ぐらいでも
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
まずまずのレベル。
 
 

でも、もっと上に行けば、
 
 

まず10段階ではなく、20段階の
 
 

17を要求される。
 
 

枠自体が上のレベルになる。

 
 
 
 
世界に挑戦すれば、100段階の
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
96を要求される。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 

小さい枠にいれば、

 
 
小さいレベルでしかない、
 
 

10段階のレベルで競っている人が、
 
 

17のレベルになることはない。

 
 
1つ上のレベルにいけば、
 
 

10以上は当たり前の世界になる。
 
 

これをどこまで引き上げるかで、

 
 
自動的に成長するか、

 
 

絶対に成長しない環境にいるかが分かる。

 
 

今の環境で一位を取るよりも、

 
 
 
 

上の環境で、一番下からスタートした方が、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
レベルアップのスピードが速い。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
 
 

多くの人は、まだまだもっと練習してから、

 
 
とかいうけど、そんな練習する暇があれば、
 
 

上のレベルにいった方が倍のスピードで成長する。
 
 

 
 

実は邪魔をしているのは、あなたのプライド。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
 
 

今は、この小さなコミュニティーで

 
 
まずまずの順位だから、

 
 

いまから上のランクへいって

 
 
 
 
一番最下位になるのがいやなのだ。
 
 

ただそれだけの理由。

 
 

最速で上手くなりたい、
 
 

結果を出したいのなら、

 
 
 
 

プライドを捨てる必要がある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

 
 

まずは、自分がいつも
—————–

 
 
最下位にいる環境を求め続けること。
————————–
 
 
 
 

小さなコミュニティーで

 
 

1位をとってもまったく意味がない。
 
 
 
 
自己満足の世界。

 
 

 
 

私は、この考え方でスノーボードで
 
 
一気に成果が出せた。

 
 

 
 
感覚的には、いつも最下位だったけど、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

いつの間にか上手くなってた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

 
 

という感覚だ。
 
 

ちょっと上手くなれば、

 
 
すぐ上のレベルの環境へ移っていった。

 
 

多くの選手は、居心地がよくなり、

 
 
ある一定のレベルの環境にとどまってしまう。

 
 

多くの人は、1位になっていい感覚のまま、

 
 
成長していこうとするが、それは天才型の方法。

 
 
 
 
私のような、平凡型は、
 
 

常に最下位になる環境へどんどん進んでいくことで、

 
 

成長するという裏技を使う必要がある。

 
 

あなたは、今の環境よりも上のレベルの環境で、

 
 

最下位からスタートする勇気がありますか?

 
 

最下位といっても、ありえないぐらい
 
 

差を付けられた最下位です。

 
 
 
 

「 こいつ血迷ってるか? 」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
 
 

っていうぐらい最下位です。

 
 

そこに、飛び込む勇気、

 
 
プライドを捨てる勇気があれば、

 
 

最速で結果を出すことができる。

 
 

私も、今まさにその挑戦中。

 
 
スノーボード業界という枠におさまっていれば、

 
 
ある程度の安定と、賞賛があったかもしれない。

 
 
しかし、そこに留まってしまったら、

 
 

次の最速でレベルアップは見込めない。

 
 
一歩上のレベルにチャレンジし
 
 

ステージを上げた。

 
 

本当に最下位だったし、

 
 
けちょん けちょんにされて、
 
 

プライドはズタズタだった。

 
 
 
 
こんな当たり前のことができないのか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
人間として失格だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
というレベルまでいわれた。

 
 

前の業界ではそんなことは
 
 
いわれたこともなかったことが次々に起こる。

 
 

これが、最速で成長する過程だと思う。

 
 

ある程度成果を出したコミュニティーにいると

 
 

ここまで求められることがない。

 
 

ぬるま湯につかっている状態に
 
 

知らず知らずになってしまう自分がいた。

 
 
 
 

茹でガエルの心境だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 

今、最下位でスタートしたからこそ、
 
 

次のステージまで、最速で上っている。

 
 

まだまだ、上の環境はたくさんある。
 
 

 
 
常に最下位。 これができるかどうか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 

できる できる!!

 
 

「最速パーソナルブランディング術1.0」

 
 

【 世界中の人を光り輝くブランド人に ! 】

 
 

                
                 Ichigo