スクリーンショット 2013-04-13 12.54.03

 

<Ichigo の今日の名言>

プロは「読者が読みたいもの」を書き、

アマチュアは「自分が書きたいもの」を書く。

作者不詳

 

最近、たくさんの方をコンサルティングしていて

思うことは、「 アマチュアの人の意識が

間違っているのではないか? 」

ということ。

 

特に、好きなことでプロになりたい、

 

稼いでいきたいとなった場合に顕著に現れる。

 

私は、好きの延長上には、プロはないと思う。

まさに、この名言の通り。

 

アマチュアは「自分が書きたいもの」を

書いてる、やっているに過ぎない。

 

お客さんやファンの存在を忘れている。

 

なぜ、プロとして生きていけるのか?

 

という根本が分かっていない。

 

プロは、ファンの方がお金を払ってくれて

 

はじめてプロという職業が生まれる。

 

技術が高いからでも、好きだからでもない。

 

それは、まだ趣味のレベル。

 

ファンの方がいるからプロという職業が成り立つ。

 

自分の好きなことをやって稼げるプロは、

業界のトップ5にいる天才のみ。

 

自分が天才だと疑わないならもちろんいい。

でも、多くの人は勘違いのレベル。

 

私も、凡人だったからプロになるために

 

お客さんやファンの人がどう喜んでもらえるかを

考えて行動していた。

 

そのために、ムーブメントを作り出したり、

流行を作り出すことを考えていた。

 

多くのアマチュアの人は、

トップ5の天才型の道を歩もうとしている。

 

そこは、普通の人には通れない道。

なぜかみんなその道を通ろうとする。

 

あたかも、それしか道がないかのように。

別に道はたくさんあり、やり方もたくさんある。

 

周りが全く見えていない。

 

ファン、お客さんのために自分の能力をいかせる人が

 

プロになっていく。

 

できる できる

 

「最速パーソナルブランディング術1.0」

 

【 世界中の人を光り輝くブランド人に ! 】

 

Ichigo

 

 

★ ウエブ動画セミナーはこちらから。

遠距離でセミナーに参加できない方、

忙しくて時間を作れない方は、

ウエブ動画セミナーで、全てのプログラムを

あなたの好きな時間に学ぶことが出来ます。

⇒ http://ichigo-branding.com/7-limited.html

 

 

 

Ichigo Branding 株式会社 Facebook集客セミナー

tel
mail

担当: 田中までご連絡ください。

 

.html