スポーツ業界のパターンを見極める。

スポンサーの秘密3

「 スポンサーの秘密 」

スポーツ業界のパターンを見極める。

⇒ http://www.fitness-selfbranding.com/archives/1286

1、職人型

2、器用型 (いろいろな事を自分でやる)

3、職人型 +  プロに任せる

4、器用型 +  プロに任せる

 

大きく分けて4つの型がある。

 

セルフブランディングにおいて必要な事は、

何か1つ強みを明確に持つ事。

 

私は、4番目の型を目指している。

 

アスリート、インストラクター、トレーナーの

 

方々は、1番と2番に属している人が多い。

 

 

職人型は、技術力は高く強みを持っているが、

 

それを活かしきれていない。

 

「 職人型 +  プロに任せる 」を目指して

 

営業する人、それを支え人などたくさんのブロと組めば、

 

もっと、技術力を磨く時間と環境が手に入れられる。

 

 

でもそれが上手くできないのが日本的な職人型なのかもしれない。

 

 

他の人にお金を払ったり、マージンを1円でも抜かれないようにする事に

 

執着してしまい、結局は「 宝の持ち腐れ 」で終わってしまう。

 

私は、そういう人をたくさん見てきた。

 

「 そこは、誰かに任せた方がいいじゃないの? 」

 

という事を全て自分でやって、できた自分に満足してしまっている。

 

 

考えなくてはいけない事は、あなたの周りで何人プロが動いているか?

 

 

そのためには、しっかりお金を払ってでも、

 

売上を折半にしてでも、プロを雇っていく。

 

 

そうしなければ、大きくなるものも結局芽が出ずに終わってしまう。

 

 

アメリカは、エージェントという仕組みがしっかりと存在し、

 

上手く共存している。

 

 

器用型に関しても、器用な場所を更に特化して

 

足りない部分をもっとプロに任せる事が必要となる。

 

 

私もプロ選手時代、スノーボードのメンテナンス、ワックス、

 

トレーニング、など自分の得意でないものは自分でやらない。

 

 

と決めた。多くの選手は、自分で全部抱え込み、

 

本当に力を注がなくてはならないところに力を注ぎきれていない。

 

例えば、 やる事が A・ B・ C・ Dと4つあったとする。

 

そして、時間が10時間あったとするとどうやって分配するか?

 

こちらで検証してみましょう。

続きはこちらで。

⇒ http://www.fitness-selfbranding.com/archives/1286

 

できる できる

「最速セルフブランディング術1.0」

~ 何をもって憶えられたいか? ~

Ichigo

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月のおすすめのセミナー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

夏季限定コース募集開始!!

9月30日まで!

夏休みにしっかりレベルアップしたい方は是非!

http://ichigo-branding.com/archives/3909

 

 

tel

メールでのお問い合わせはこちらから↓

mail

担当: 田中までご連絡ください。

 

 


テーマ: