「 自分を売る 」スポーツ業界では、自分を売るという行為自体が後ろめたい行為として捉えられがち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「 自分を売る 」スポーツ業界では、

 

自分を売るという行為自体が、

 

後ろめたい行為として捉えられがち。

 

よく、耳にするのが、あいつは下手なくせして、

 

有名になりやがって、

 

お金を稼ぎやがって、

 

 

といったような話を聞くことがある。

 

 

プロっていったいなんでしょうか?

 

「 上手いことがプロなのでしょうか? 」

 

 

スノーボード業界のアメリカでのプロの定義は、

 

「 稼いだらプロ 」 単純明快。

 

 

スポーツ業界では、特にアメリカ人のこういった

 

考えが進んでいると思う。

 

 

日本では、稼ごうとしたら恥ずかしいことだ、

 

その前に、技を磨け。

 

の精神がつよい。

 

 

そして、実力があるのに稼げないまま選手生命を

 

終える人がほとんど。

 

 

客観的に、Facebookでいろんな方を見てると、

 

凄く頑張っているけど、

 

多分、同じ延長線上では、

 

プロとしてだけ生きていける人は少ないと感じる。

 

プロになるプロセスの根本的な考え方が違う。

 

 

 

「 自分を売る 」

 

 

誰に売るのか?

 

どうやって売るのか?

 

そのためにはどんな準備が必要か?

 

どうやって買ってもらえるまで価値を高めるのか?

 

 

こういったことができている選手が生き残る時代。

 

生き残る手段は2つ。

 

1、日本、もしくは世界でトップ3に入る。

2、自分を売る

 

 

この選択のどちらを選んでいるかによる。

 

私は、19歳から2番を選択した。

 

 

なぜなら、自分がトップ3に入る自信がなかったから。

 

でも、プロになりたかった。

 

 

だから、アメリカ式の「 稼いだらプロ 」

 

これだけを頭にいれて

 

常に行動して結果を出すことができた。

 

 

12月に、スノーボーダーや、インストラクター

 

パーソナルトレーナー向けの

 

「 自分を売る 」ためのセミナーを

 

 

開催していこうと考えてます。

 

ご興味のある方は、メッセージを頂ければと思います。

 

 

Ichigo

 

 

 


テーマ: