【 プロスノーボーダーが生き残る方法は大きく分けて2種類? 】

竹内智香

 

【 プロスノーボーダーが生き残る方法は大きく分けて2種類? 】

スノーボード業界は、まさかのメダルを3個取得。

誰も予想していなかった未知の世界がスタートした。

 

まだ、誰も歩んだことの無い道。

 

今後どのような展開が待っているのか?

社会的地位を獲得できるのか?

 

メダルを取ったことのない弱小なマイナースポーツが

いきなり初メダル三つ。

完全に未知の世界に入った。

 

ここから注目してほしいのは、

 

プロスノーボーダが生き残る方法。

 

どうやって、選手が劇的に進化するのか、

しないかをしっかり目に焼き付けてほしい。

 

 

プロスノーボーダが生き残る方法は大きく分けて2種類。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、プロのエージェントを入れて最高の契約を取ってもらう。

2、自分でエージェントできるスキルを学んで自分でやる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは、どのスポーツ業界にも共通する。

 

アメリカは、スポーツ業界のエージェント機能が本当にしっかりしている。

スノーボードも、野球もエージェントがしっかりついてる。

 

日本は全くうまくいっていないのが現状だと思う。

アスリート・選手に対する評価が低い。

 

既に、アメリカのエージェント会社と契約をしている平野歩夢選手は、

すでにエージェントが動き出している模様。

 

これがプロだ。

 

というものを見せつけてくれるでしょう。

 

 

平野歩夢選手ある程度の最新情報はキャッチしていますが、

あえて正式な公表を待ちましょう。

 

ぜひ、こういうところを学んでほしいと思います。

 

「 上手いからプロ 」では無いですよ。

上手いだけならアマチュアでも十分です。

 

 

日本の多くの選手は、プロという資格を取り、

ちょっと有名になり喜んでそこで終わってしまう。

 

プロとアマチュアの差を平野選手には明確に叩き出してほしい。

 

竹内智香選手も、パラレル大回転というスノーボードでも

更にマイナーなジャンルをどう進化させるか期待が高まる。

日本人の選手は、エージェントを通す文化が無い。

 

選手にも、企業側にも浸透していない。

 

本当はエージェントにお金を払ってでも、

スポンサーをとってきてもらうぐらいの気持ちが必要だとおもう。

 

多くの選手は、中間マージンを取られるのを嫌がったり、

縛られるのがいやだから。

という理由で上手くエージェントと契約できない場合が多い。

 

例えば、契約金の1,000万のうち40%を成功報酬でエージェントに支払う。

途中からエージェントさえいなければ、1,000万丸々もらえたのに。

という気持ちが芽生えてしまう。

 

その考えも分かるが、それは違う。

エージェントがいなければ、契約金が0円だったり、500万ぐらいだったりする。

 

契約を取るにも、交通費やら接待交際費、通信費が莫大にかかる。

 

こういうことも頭に入れておこう。

それを、エージェントが先に支払って契約までこぎつけてくれる。

さらに、総額を1,000万にすることで、

 

その人の価値が明確に世の中に提示されることになる。

 

手元にもらえる額よりも、総合的な額を気にした方がいい。

 

このあたりをあまり理解していないのが、スポーツ業界の弱みでもある。

 

 

もう1つの難点は、エージェントはトップ選手、

もしくは、かなり魅力のある人にしか動いてくれない。

 

お金にならないなら動かない。というシビアな世界。

 

私自身は、トップ選手になれないことが分かっていたいので、

17歳から自分でスポンサーを取ると決めて動いていた。

 

2番の「自分でエージェントできるスキルを学んで自分でやる。」

を選んだ。

 

スポーツ業界で生き残るには、

 

どちらかを選ぶ必要がある。

 

ただ技術を磨いて、オファーがくるのを待ってる。

 

これは、ありえない。

 

 

今の現状のままでいい人は、

ただ待っているだけでもいいと思う。

 

 

トップ選手であればあるほど、

 

エージェント企業が動いているのに、

 

ちょっと上手いレベルにいい話が回ってくるわけがない。

 

 

 

多くの選手はこういう背景をしらないので、

腕を磨いてじっと待っている。

 

これでは、いつまでたっても芽がでるわけがない。

 

 

ある年齢になった時に、現実にぶつかり、

自動的に引退に追い込まれる。

 

 

1、プロのエージェントを入れて最高の契約を取ってもらう。

2、自分でエージェントできるスキルを学んで自分でやる。

どちらを選ぶかだと思う。

 

 

もしかしたら、まだ他の方法をしてっている人はそれでもいいと思います。

 

今回のオリンピックで、

こんな大型の契約合戦を見れるチャンスは本当に少ない。

 

 

いま、メダルをとった3人の選手には、最高の価値がついた。

 

後は、これをどう契約に結びつけるか。

 

ここが全ての勝負。

 

若い選手、若い選手を育てる人、

スポンサー企業・メーカー側

これから、スポーツ業界で食べていきたい人は

 

ぜひここを学んで活かしてほしいと思います。

 

アメリカのモデルケースを活かしてほしい。

 

平野歩夢選手・平岡卓選手・竹内智香選手

の今後の動向、業界の流れが楽しみですね!

 

今後、スノーボード業界がマイナースポーツではなく、

メジャースポーツとして名実ともに社会的地位が

上がり生き残っているか?

 

ここにかかっている。

 

Ichigo

 

 

PS

昨日は、某大手外資系企業の方とお話しましたが、

スポンサーできるいい人を捜してるが、

見つからないのが現状だと言っていた。

 

既に、契約金のバジェットがあり、

仕事もたくさんあるとのこと

 

でも、選手やインストラクター・トレーナーさんに聞くと、

 

「 スポンサーしてくれる企業が無い 」

 

という人が多いが、実は違う。

 

スポンサー企業がどんな選手、インストラクター、

トレーナーさんを探しているのかを知らないだけ。

現にそういう企業の人が目の前にいた

 

PS2

「 バタフライ現象 」

ブラジルでの蝶の羽ばたきが、テキサスでトルネードを引き起こす。

初期のわずかな変化が思いがけない方向へ発展してゆくこと。

 

みなさんの1つ1つの小さなシェア・意識の変化が、

スノーボード業界を進化させていくかもしれない。

メダルを取った若い選手だけに頼るだけでなく、

 

あなたも動いてみよう!

 

シェア頂けるとうれしいです。

 

 

 

Facebookにもどってシェア!

 

↓  ↓  ↓

 

 https://www.facebook.com/ichigosag/posts/10153890721585624?notif_t=like

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

アメブロ作りをはじめたい方は、ここからスタート!

あなたも、アメブロで価値を高めるための方法を、無料メルマガで学べます。