▶スポンサー企業と個人の間には通訳が必要?

スポンサー契約

沢山の企業と個人の方とお話させて頂いて

最近より明確になってきたことは、

企業と個人の使っている言語が違うということ。

 

もちろん、同じ日本語ではあるが、

 

全く違う言語。

 

だから上手く意志の疎通ができないケースが多い。

 

 

いい契約をするためには、

通訳という仕事の人が鍵になってくると感じる。

 

海外の人と話す時に通訳が必要なように、

 

企業と個人の間にも通訳が必要なのかもしれない。

 

 

企業は、個人の方の話をきちんと理解できていないし、

 

個人は、企業の話を理解できていない。

 

 

企業は、売上のプロセスの話をし、

 

個人は、どう上手くなったか、夢の実現の話をする。

 

 

 

 

例えば、

 

企業:今年はどんなことをするつもりですか?

(売上のプロセスでどうやって会社に貢献するつもりですか?)

 

選手:来年は、3回転半回って、プロ戦優勝です。

 

企業:その後はどうしますか?

 

選手:アメリカのXゲームで上位を目指します。

 

企業:「 ・・・ 」

 

選手:そのために契約金もしくは遠征費が必要なんです!!

よろしくお願いします!

来年は勝負の年だと思っています!

 

企業:「 ・・・ 」

 

 

 

こんな感じの話が多いのではないでしょうか?

 

いくら企業に、技の話しや、

大会成績をプレゼンしても、

 

全く意味がない。

 

 

このレベルでは、契約は成立しないでしょう。

 

成立するとすれば、オリンピックで勝てるレベルの選手は

 

これでもいいかもしれません。

 

 

しかし、

 

それ以外の選手は、今のこのご時世ではお金は出ない。

 

 

 

 

英語の通訳がTOEICの点数ではかられるとすると、

 

企業と個人の通訳の基準は最低でも、

 

1、スポンサーする側を5年以上

2、スポンサーされる側を契約金300万以上で5年以上

 

といったラインが必要だと思う。

 

 

スポンサーされていたけど、契約金が300万に満たない人は除外する。

 

なぜなら、その人達は会社の売上のプロセスを理解できていないので、

300万円という結果になっているから。

 

実際は、まだ契約の通訳レベルとしては弱い。

 

英語でいう「日常会話もできますよ」というレベル

 

 

 

スポンサーする側・される側の気持ち・考え方・言語・

実体験を持った人にしかなかなか正確な通訳ができない。

 

海外に住んだことのない人が、いくら日本で言語を学んだとしても、

全ては通訳することができない。

 

なぜなら、言葉は経験からも構成されているから。

 

 

企業側は、「選手はこんなもんだろう」と思い込み、

 

選手側は、「企業はこんなイメージだ」と思い込む。

 

実際はお互いのことを詳しく分かっていないケースが多い。

 

 

だから、実際に話が噛み合ない。

 

これからは、企業と個人の間に通訳を入れる時代なのかもしれない。

 

ビジネスモデルも複雑化し、よりシビアになっていく。

 

 

選手や個人が自分だけのレベルで全て通訳するのは難しい。

 

 

その点、アメリカはそういった通訳の仕組み、

エージェントやいろいろな人がしっかりと仕組みを作り、

 

企業と選手のハブとして、業界が活性化している。

 

 

日本は、このハブが少ないため結果として上手く機能していない。

 

こういった現状が、日本のスポーツ業界の1つの問題点なのかもしれない。

 

 

自力で300万円以上の契約を取れない選手、個人は、

 

この言語が得意ではない。

 

 

その場合は、

 

通訳を入れることを考えるのも1つの作戦となる。

 

自分で、言語を全て覚えるか?

 

通訳を入れて良い契約をとるか?

 

 

Ichigo

 

 

 

 

●スポンサーと契約する・協力関係をつくるための

勉強会スケジュール 【 5名限定 】

3月26日(水)18:00~19:00 終了

4月 1日(火)19:00~20:00 【 満席 】

4月16日(水)18:30~19:20 【 満席 】

4月22日(火)18:30~19:20 残り1名

5月14日(水)18:30~19:20

5月20日(火)18:30~19:20

5月27日(火)18:30~19:20

6月11日(水)18:30~19:20

6月17日(火)18:30~19:20

6月25日(水)18:30~19:20

 

参加費:1,080円(税込)

場所:銀座

 

お申込みはこちら

http://ichigo-branding.com/archives/5310

 

 

 

 

●1Day セミナー 【 5名限定 】

「実践」スポンサーと契約する・協力関係を構築セミナー

内容:実際にどのようにスポンサーを見つけるのか?

それぞれの方の実践方法を体験してもらう内容になります。

4月20日(日)

※5月25日(日)日程調整中

※ゴールデンウィークに受講したい方は日程のご連絡を

お願い致します。スケージュール調整致します。

< 時間割 >

10:30~12:30  セミナー  (2時間)

12:30~13:00  お昼休み

13:00~17:30  セミナー (4時間半)

合計 6時間半

 

参加費:21,600円(税込)

場所:銀座

 

お申込みはこちら

http://ichigo-branding.com/archives/5317

 

 

 

●個別のサポートが必要な方はこちらまで

http://ichigo-branding.com/personal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●スポンサー契約・協力関係をつくるための

 

プロのカメラマンによる写真撮影

 

【 限定3名 】 残り1名

 

 

 

あなた x Ichigo x プロカメラマン

 

 

3人で撮影にのぞみます!

 

 

今回は、私(Ichigo)も同行し、

プロのカメラマンに指示をするサポートをさせて頂きます!

 

どんな写真がいいのか?

どんな写真を撮ってもらう必要があるかを

しっかりサポート致します。

 

 

 

 

< 撮影詳細 >

 

スポンサー契約・協力関係をつくるための

プロのカメラマンによる写真撮影  【 限定3名 】

 

日時:4月22日(火)

※今回は、野外での撮影のため雨天の場合は

日程変更になります。

 

セッション1     9:00 11:00 (2時間)

セッション2 11:00 1300 (2時間)

セッション3 14:00 16:00 (2時間)

 

※時間は、撮影スケジュールにより

変動することがあります。

 

 

人数:【 限定3名 】残り1名

 

 

お申込みはこちら

http://ichigo-branding.com/archives/5344

 

 

内容: 事前打ち合わせ + 2時間の撮影

 

1、事前に、電話・スカイプなどでお打ち合わせ

2、当日、はじめの1時間はカメラマンと私と

あなたの3人でのお打ち合わせ。

どんな写真がいいか?イメージに合う写真は何かを

決めていきます。

3、実際の写真の撮影1時間

場所:野外撮影ー都内公園・街 (参加の方のイメージに合わせた場所)

撮影場所は、参加者の方に後日お知らせ致します。

※撮影場所指定・特殊な場合は要相談

 

写真用途:モデルカット写真、イメージ写真、ポートレート写真、

名刺・チラシ・ブログ・ホームページ用写真

 

写真の枚数:100枚前後 CDにてデータ納品(特殊加工なし)

 

支払方法:銀行振込・カード (事前支払)

 

料金:21,600/人 (税込)

※特別な撮影希望の方は要相談

 

 

キャンセル:撮影日の3日前までにご連絡ください。

カメラマンさんの日程をおさえますので、

ご理解をお願い致します。

 

その他:この日程以外で希望がある方はご連絡ください。

カメラマンの日程を確認しまして開催致します。

 

 

残り1名です。

 

お申込みはこちら

http://ichigo-branding.com/archives/5344

 

 

●スポンサーと契約する・協力関係を

つくるための名刺セミナー

4月17日(木)19:30~20:30

5月21日(水)19:30~20:30

6月  3日(火)19:30~20:30

 

参加費:3,240円

場所:銀座

 

お申込みはこちら

http://ichigo-branding.com/archives/5372


テーマ:

アメブロ作りをはじめたい方は、ここからスタート!

あなたも、アメブロで価値を高めるための方法を、無料メルマガで学べます。