【 あなたは演じることができるか? 】

セルフブランディング演出

 

【 あなたは演じることができるか? 】

 

昨日のはつみさんのライブはひと味違った・・・。

イベントを見ていて何か感じるものがあった。

後で話を聞いてみると、
今回プロの脚本・演出家の方が

メンバーに加わったとのことでした。

やっぱり、違うんですね。

今までのストーリーとちょっと違い、

いろんな感情のメリハリがあったり、

予想外の展開があったり。

脚本や演出って本当に大切なんだと実感しました。

これは、スポーツ業界でもいえると思います。

上手いだけでは、周りの人の心をつかむことはできません。

しかし、プレーする本人が脚本や演出にたいして、

リアルでないと感じることがあります。

なぜなら、

全ては、台本があり台詞などが決まっているからです。

スポーツ業界では、こういった演技的なものは、

いいと思われない傾向にもあります。

でも、

スポーツはエンターテイメントの世界でもあります。

脚本や演出も必要不可欠だということです。

いざ自分が演じる側になると、

何かギャップを感じることもあるかもしれません。

周りに、「 お前は演じるのか? 」

といわれるかもしれません。

そういうときは、

まず考えなくてはいけないことがあります。

「 お客さんが楽しんでくれるか? 」

ということです。

楽しんでくれるのであれば、

プロのアスリートも演じることが必要なのではないかと思います。

私も、プロの選手でピークのときは、

メディアに出ている自分と

実際の自分にギャップが生じていると感じていました。

メディアで創りあげる自分と

実際の自分は違うということです。

多くの選手やアマチュア選手は、

このギャップを越えられない

ところにいる可能性があります。

「 演じる = 嘘  」

ではありません。

「 演じる = エンターテイメント  」

プロとして演じることで、

お客さんは涙し、時に笑、ドキドキしたり、

怒りを感じたり。

非日常を楽しんでくれるものだと思います。

エンターテイメントを創る側と

見る側の体験は違うということです。

多くの人は、見る側のことしか考えていません。

見る側としてプレーしてしまっています。

エンターテイメントを創る側は

また違った能力を必要とされます。

客観的に見て、

演じるのが上手なプロほど稼いでいる。

という傾向があります。

スポーツ業界の大きな2つの道は、

1、実力でトップクラス(競技思考)

2、プロとして演じる(エンターテイメント思考)

自分は、確実に2番でした。

プロとして人前で完璧に演じることができるか?

こういったことも1つの考え方だと思います。

昨日の、はつみさんのライブから感じたことを

書かせてもらいました。

Ichigo

■ iPhone マスタープログラム(基礎編その1) IN 銀座
11月21日(木) 19時~21時
http://ichigo-branding.com/archives/4425

■ iPhone マスタープログラム(基礎編その2) IN 銀座
11月30日(土) 14時~16時
http://ichigo-branding.com/archives/4445

■ iPhone マスタープログラム(基礎編その1) IN 銀座
12月19日(木) 19時~21時
http://ichigo-branding.com/archives/4487

■ 「 自分を売る 」ための セルフ ブランディング
12月20日(金) 19時~21時
http://ichigo-branding.com/archives/4490


テーマ:
アメブロカスタマイズ作成・制作の実績紹介