【 結果を出す確立をあげる方法 】

P1000659

【 結果を出す確立をあげる方法 】

先日、有名パーソナルトレーナーの方々が

集まるイベントに参加して、

 

思い出したことがあったので、書いておきます。

 

 

講師のトレーナーの方々の中で、

 

アメリカに定期的に行っているという

 

お話をお聞きした時に、

 

自分がスノーボードの時に

 

考えていた方法を思い出しました。

 

 

23歳の時、前十字靭帯断裂、手術。

 

そして、1年間スノーボードができない日々。

 

どうやってこのブランクを乗りこえたらいいのか

 

毎日考えていた。

 

このままでは、もう終わりだと思っていた。

 

 

そこで、まず自分が立てた仮定は、

 

「 業界の最先端の環境に飛び込めば、

 

2、3年早く結果を出せるのではないか?」

 

ということでした。

 

 

理由付けは、

 

スノーボード業界は、北米が業界をリードしている。

 

 

北米で作られた最新の技や技術は、

 

1年後、2年後に、雑誌やDVDなどになって

 

日本に伝わってくる。

 

 

そして、日本のトップの人がコピーをし始める。

 

 

その後、日本の人たちが作った技や商品が日本に普及。

 

というプロセスをたどっていた。

 

(※ 今はインターネットの普及で少し違う)

 

 

そう考えると、日本は自然に2~3年北米より遅れてしまう。

 

 

だったら、最先端の場所へ行って、

 

目の前でやっているものをそのまま覚えて、

 

日本に直接最新の技を持ってくれば、

 

2~3年早く技や技術を披露できるのではないか?

 

と結論づけた。

 

 

怪我をした自分には、選択肢はほとんどなかった。

 

 

「 この理論を信じて進む 」

 

 

これだけの決断。

 

 

日本での全ての大会、イベント、

スポンサーの仕事をキャンセルして、

 

カナダのウィスラーに1年間住むことにした。

 

 

1年間のブランク後、

 

全ての仕事を、更に1年キャンセル。

 

結果が出なければ、即引退。

 

 

という状況だった。

 

 

どのみち、日本に残って頑張っても、

 

近い将来引退が迫っていることは間違いなかった。

 

 

 

残された方法はただ1つ。

 

 

「 最先端の場所で、最新の技を

 

日本に持ってくること。 」

 

 

結果は・・・・・。

 

 

大成功に終わった。

 

理論は当たっていた。

 

 

カナダに渡ってから、

 

雑誌やメディアにさらに出ることができ、

 

ある程度結果を引き出すことができた。

 

 

【 結果を出す確立をあげる方法 】

 

最先端の場所で、最新の技を取得する。

 

 

それだけの簡単なプロセス。

 

 

 

でも、これがなかなかできない。

 

 

もうすこし、上手くなったら行こうかな?

 

お金が貯まったら行こうかな?

 

 

こんなレベルでは無理。

 

 

今から行って、最新の技を取得する。

 

そして、来年には日本に持って帰ってくる。

 

というスピード感と決断力が必要となる。

 

 

 

こういった方法も1つの結果を引き出す方法。

 

 

Ichigo

 

 

11月21日(木)iPhoneマスタープルログラム 開催決定!!

http://ichigo-branding.com/archives/4425

 

11月30日(土)

http://ichigo-branding.com/archives/4445

 

 

実力はあるのに、上手く結果が出ない人向け

 

「自分を売る」ためのセルフ ブランディング

 

~ 実力があるのはあたりまえ!

その実力をいかに「伝える」か?が必須不可欠 ~

 

 

 

#セルフブランディング #自分を売る

 

 

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介