【 雪崩事故が相次いでいます 】

スクリーンショット 2014-02-17 11.13.33

【 雪崩事故が相次いでいます 】

バックカントリーへ行く方は細心の注意を!

今年は、災害レベルで雪が降っています。

スノーボーダーにとっては最高の環境ですが、

このぐらい振ると雪崩やクレパスなど

かなり危険です。

よく、ビーコンや脱出する道具持っているから安全。

と勘違いしがちですが、

今の雪の振り方のレベルは、

生き埋め、もしくは、体がバラバラになるレベルです。

即死級です。

 

ビーコンなどはマナーとして必要というだけで、

ビーコンで助かる確立はほとんどありません。

極端な言い方をすれば、

 

 

死体探しだと思っておいた方がよいと思います。

 

 

そのぐらい、自然は危険です。

 

私自身もカナダや東北などでかなり危険な目にあったり、

仲間の中でも、一緒にいったクルーを

雪崩によって失った方もいます。

 

今年も既に、雪崩で命を失っている方が出ています。

カナダなどでは、雪崩情報が天気予報のように流れますが、

日本ではあまり流れていません。

今はかなり危険な状態です。

ビデオなどでよく見る雪崩に巻き込まれてるシーンは、

表層雪崩といって表面的な雪崩です。

このレベルは、助かる確立がありますが、

大規模な雪崩は津波と同じで、巻き込まれたら最後です。

もしくは、自分の引き起こした雪崩で、

下の人を巻き込んでしまう可能性もあります。

伝説のスノーボーダーのクレイグケリーも

上のグループが起こした雪崩で命を失いました。

パウダーは凄く楽しいし、魅力的ですが、

想像以上に危険がともなうことを頭に入れて、

最低でも、エキスパートの人と一緒に滑るようにしましょう。

 

 

例えば、

天気がよく、目の前一面がノートラック

あなたはどうしますか?

時には、そこを行かないという決断も必要かもしれません。

 

バックカントリーがレジャーとして広まっていってしまっているので、

みなさん是非、気をつけてほしいとおもいます。

オリンピックで気持ちが盛り上がっているだけに、

ちょと心配です。

 

Ichigo

 

 

PS

もしよければシェアして頂けるとうれしいです。

一人一人が注意することで、

雪崩を防ぐことができるとおもいます。

 

Facebookに戻ってシェア

↓  ↓  ↓

https://www.facebook.com/ichigosag/posts/10153880250800624?notif_t=like

 

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介