なぜ、「 集客 」を学校などで、必須にされないのか知っていますか?

Facebook集客セミナー

こんにちわ、

 

 
Ichigoです。

 

 

先ほど、国際フォーラム下見に行きました!
 

  

 

なぜ、「 集客 」を学校などで、
~~~~~~~~~~~~~~~

 

 
必須にされないのか?
~~~~~~~~~~

 

  

 

を考えてみた。

 

 

それは、会社の歯車にされる教育制度にあると思う。

 

 

例えば、デザイナーになりたいと思って、
 

 

デザイン学校に入る。
 
 
デザインは勉強するけど、

 
 
集客についてのしっかりしたカリキュラムがない。
 
 

「 なぜか? 」
 
 

デザイン会社が、
 
 

デザイン学校を卒業した人達を
 
 

安い給料で
~~~~~
 
 

一気に抱え込みたいとおもっているから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

あなたを「 安く 」 雇いたいから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 

もしも、「 技術 」と「 集客 」ができてしまったら、
 
 

すぐに独立されてしまう。
 
 

だから、集客を教えてしまうと困る人達がいる。
 
 

これは、デザイン業界に限らず
 
 

全ての業界に共通する。
 
 

集客できる人、

 
 
お客さんを抱えている人が

 
 
強いにきまっている。
 
 

だから、私を含め多くの人は
 
 

集客という概念を隠されて生きてきている。

 
 
一休さんで言うと
 
 

和尚さんがおいしいハチミツをなめている。
 
 

それをみた、一休さんが和尚さんに聞く
 
 
 
 

「 それはなんですか?」
 
 

「これは薬じゃ、

 
 
子供にはかえって毒になる。

 
 
なめたら死ぬぞ。」
 
 

これと同じ現象が社会で起きている。

 
 

会社に所属していると
 
 

あなたのお客さんがいるように錯覚する。

 
 
しかし、それは会社のお客様の担当が
 
 

あなただっただけで、

 
 

実は、あなたのお客様ではない。
~~~~~~~~~~~~~~~

 
 

私は、30歳のとき、

 
 
プロのスノーボーダーを引退するときに

 
 

これを痛感させられた。

 
 
自分の人生最大のミスはここだった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
 

自分のお客さんを直接抱えているか。
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

ここが全てのキーポイント。
 
 

多くの人が錯覚している。

 
 

あなたのお客様ではない。
~~~~~~~~~~~

 
 

今、この社会、会社の作ったシステムの罠から
 
 
脱出したいのであれば、
 
 

しっかり、自分で自分のお客さんを集める
 
 

技を習得してほしい。
 
 

でなければ、いずれ私のように、

 
 
人生の最大の失敗を犯すことになります。

 
 
気がつかない人、

 
 
「 集客 」というものが難しいとか、
 
 

堅苦しいとか考えている人は、
 
 

既に、集客をしてほしくない人達が作った

 
 
概念の虜になってしまっています。

 
 

なぜなら、あなたがお客様を完全に集めて
 
 

しまう能力を持ってほしくない人達がいるから。
 
 

これは「 毒ではない 」
 
 

「 ハチミツ 」なんです。

 
 

すきなことで稼ぎたい方は、
 
 
是非、集客の基礎を学んでくださいね!!

 
 
⇒ http://ichigo-branding.com/archives/1328

 
 
 
 

Facebook集客セミナー


テーマ:
事例紹介