半沢直樹の10倍返しだ!

半沢直樹

 

~スポンサーの秘密~

 

「 10倍返しだ! 」

 

半沢直樹のドラマを見ていて

 

思い出したことがありました。

 

私が、19歳でスポンサーがついた時に

 

心に決めたことが、

 

「 契約金の10倍を返す! 」

 

ということだった。

 

周りの選手を見渡すと

 

このことができていない人が多かった。

 

 

せっかく実力があるのに・・・・・。

 

努力をしているのに・・・・・。

 

もったいないと思っていた。

 

 

100万の契約金を頂いたら、

 

どうやって、1,000万の利益を

 

もたらすことができるのか?

 

このことを常に考えて行動した。

 

 

契約金の10倍をスポンサーに返したら、

 

絶対に切られることはない。

 

と考えた。

 

そのために常に思考錯誤を繰り返し、

 

どういったことがスポンサーが喜ぶのかを

 

常にリサーチした。

 

 

行動の結果は、すぐに1年後の契約であらわれる。

 

結果が良ければ、契約金が上がり、

 

 

結果が悪ければ、契約が下がる。

 

最悪の場合は、契約が切られる。

 

 

こんなドキドキな1年を毎年過ごしていた。

 

 

今思えば、1年1年しっかり行動できる

 

原因だったと思う。

 

 

多くの選手を見ていると、

 

もらうことは考えているが、

 

返すことは全く考えていない。

 

もらったら、もらいっぱなし。

 

「 お金をどうやってもらうか? 」

 

ということだけを考えている。

 

 

長期的な契約を続けるためには、

 

 

どうやって返すかのプロセスが必要不可欠。

 

 

でなければ、1年で契約が切られる。

 

 

「 契約金の10倍を返す 」

 

 

このことを心がけよう。

 

はじめは、なかなか結果が現れないかもしれない。

 

でも、実は、いろんな人があなたの行動を見ている。

 

 

スポンサーする側を7年間経験していたので、

 

よくわかる。

 

 

スポンサーする側は、どの選手、どの人が、

 

しっかりリターンすることを考えて

 

行動しているかを遠くから見ている。

 

 

 

もし、まだスポンサーが付いたことがない人は、

 

このリターンできることを

 

世の中に証明できていないことになる。

 

証明できれば、スポンサー取得部隊が動き出す。

 

 

スポンサー側は常に、リターンできる人を探してる。

 

それは、あなたのいる業界に限らず、

 

様々な業界の人達が常にあなたを見ていることを

 

考えよう。

 

目の前の企業が、いくら頑張っても契約金を払ってくれない。

 

と諦めてしまっては、元も子もない。

 

 

実は、周りで見ている人がいる。

 

ということをしっかり意識しながら、

 

常に、リターンを最大限引き出しておくこと。

 

 

これができれば、ある地点を越えた時に、

 

一気にスポンサーが、かけ寄ってくる。

 

 

そして、1社つくと、次の会社も動き出す。

 

 

このプロセスをしっかり理解しよう。

 

何が何でも10倍返しだ!

 

 

 

「最速セルフブランディング術1.0」

~ 何をもって憶えられたいか? ~

Ichigo

 

 

 

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介