時給や契約金・給料が徐々に落ちてきている業界は要注意!?

セルフブランディング-スポーツ

 

時給や契約金・給料が徐々に落ちてきている業界は要注意!?

 

スボーツ業界では、技術の向上と収入アップが

比例すると思っている人が多いが、

実は、反比例しはじめている業界も多い。

 

デフレ時代のスポーツ業界の仕組みを知らないと、

 

気がつかないうちに取り返しのつかない状況に

 

追い込まれる可能性があります。

 

まず気をつけるのが、

 

「 茹でガエル 」の現象です。

 

たとえば、2匹のカエルを用意して、一匹は熱湯にいれ、

 

2匹目は、水を入れた鍋に入れ、火にかけます。

 

 

熱湯に入れられたカエルは、熱さにビックリして、

 

飛び出しますが、2匹目のカエルは徐々に熱くなるので、

 

気づかないうちに温度が上がり死んでしまいます。

 

 

急激に時給や契約が下がれば、危機感が強く出ますが、

 

徐々下がることにより、気がつかないのです。

 

 

 

そして、ここからが重要です。

 

実力に反比例して給料が下がる仕組みは、

 

 

たとえば、300円のコップを買うとします。

 

でも、ちょっと質が落ちても、100円均一のコップでもいいや。

 

300円で1つなら、300円で100円均一のコップ3つ買おう。

 

これが、値段が下がる仕組みです。

 

 

 

これが人の価値でも起こり始めています。

 

時給5,000円でレベルの高い人を雇うよりも、

 

若い子でそこそこのレベルで、2,000円でやってくれるなら

 

そっちに仕事を振っていこう。

 

レベルの高い人1人よりも、2人から3人安い子を雇う。

 

こうやって時給がドンドン下がります。

 

この現象が起こり始めると、技術と収入が反比例の曲線に入り始めます。

 

 

 

「 茹でガエル 」にならずに、この現象が起こり始めている

 

業界の方は、しっかり自分をブランディングしていくことが必要不可欠です。

 

 

セルフ ブランディングという言葉が生まれてきたのも

 

デフレ時代の象徴でもあるかもしれません。

 

 

ブランド価値があるものは生き残り、

 

後は、価格競争に飲み込まれる仕組みです。

 

 

300円のコップを作るのではなく、

 

100円のコップを作るのでもなく、

 

1万円の高級なコップを作る方法はないか?

 

そのためにはどうしたら良いか?

 

どんなブランディングが必要か?

 

 

こういった積み重ねが必要です。

 

時給や契約金が徐々に落ちてきている業界は、

 

今からしっかり動き始めましょう。

 

 

みなさんが思ってるよりも、

 

このデフレ スパイラルに飲み込まれている、

 

スポーツ業界は多いですよ。

 

 

 

 

最速セルフブランディング

 

できる できる

 

Ichigo

 

 

スポーツ業界のトップの方々も個別サポートを

受けて頂いています!

 

http://ichigo-branding.com/personal

 

tel

           メールでのお問い合わせはこちらから↓

mail

担当: 田中までご連絡ください。

 

 


テーマ:
事例紹介