次のオリンピックを目指すスーパー小学生のレイラちゃん

オリンピック,スノーボー,レイラ

 

次のオリンピックを目指すスーパー小学生のレイラちゃん(右)と妹のリオンちゃん

 

初めてあってから

 

みるみる上達し、

 

キッズの大会でも優勝を重ねる勝負強さ。

 

 

次は大人の大会で結果を出すのみ。

 

すでに、720(2回転)もでき

 

自分の現役時代を追い越す勢い。

 

 

本当に努力家でみていて

 

涙がでそうになる。

 

 

オリンピックを実現するには、

 

レイラちゃんの実力と共に

 

ご両親、それをサポートするスポンサーの存在も必要不可欠。

 

後援会というのも一つの方法かもしれない。

 

 

オリンピックを目指すためには、

 

海外の大会を回らなければならない。

 

金銭面のサポート

 

道具のサポート

 

人的サポート

 

情報のサポート

 

 

が必要となってくる。

 

 

 

こういったことの準備をしっかりできているかによって

 

未来は変わってくる。

 

 

現実に、実力があっても、

 

海外の大会を転戦する資金力がなく

 

夢を断念する選手もいる。

 

 

 

情報不足でチャンスを逃す選手もいる。

 

 

 

 

オリンピック強化選手になるか、

 

スポンサーをしっかりつけるか、

 

 

若い選手にとって最重要課題。

 

 

なかなか日本では、この辺りが恵まれていない。

 

ここを打破できるかどうかも、

 

若い選手に問われる能力。

 

 

アイススケートの羽生選手のような、

 

 

大人達を惹きつける魅力があるか?

 

 

ということも大切になってくる。

 

これは、今回のオリンピックでマイナースポーツが学ぶべき1番のポイントかもしれない。

 

 

今後のマイナースポーツの若い選手は、

 

アイススケートな羽生選手、浅田選手のような

 

クリーンなイメージを目指してほしい。

 

 

あのモデルが日本で活躍するアスリートの形だとおもう。

 

アメリカで成功する自信があれば

 

アメリカ式でもいいかもしれないが、

 

 

日本で結果をだすならば、

 

羽生選手達のようなモデルでなければ、

 

スポンサーやビックチャンスは回ってこない。

 

 

自分達の時代は、マイナースポーツの駆け出しの時期。

 

 

 

 

今回のオリンピックのメダルで、

 

 

スノーボードもメジャスポーツと

同じ対応、意識を持てる人しか

 

生き残っていけないとおもう。

 

 

それだけ周りからすでに注目されるようになったということ。

 

 

ハードルは高いが、

 

自分達の世代では到達できなかった

 

ところまでいける道は見てえきたと思う。

 

 

 

レイラちゃん応援してます!

 

ichigo

 

 

 

ps

1人でも多くの方にレイラちゃんの存在を知ってもらいたいので、

 

シェアいただけると嬉しいです。

 

 

みなさんの一つのシェアが若い選手の夢の実現につながります。

 

 

Facebookに戻ってシェア

↓  ↓  ↓

 

 

 


テーマ:
事例紹介