「 ムーブメントを作り出す 」

モムちゃんダイエット-森村

「 ムーブメントを作り出す 」

私が、プロのスノーボーダーとして

1つ差別化できる点があったとすると、

ムーブメントを見極めて乗っかる能力だと思う。

スノーボードの技術が飛び抜けて凄かったか?
というと実はそうではない。

追い風を見極める能力が少しあっただけだと思う。

 

原理は簡単。

追い風があれば早く走れる。ただそれだけ。

私の頭の中は、文系ではなく理系。

科学、物理といった思考方法に興味がある。

 

それは、父親が物理が好きだったので、

子供の頃は、科学の本の 「なぜ? なぜかな?」

 

という何冊もあるものを永遠と読まされていた。

科学的に考えれば、

風が吹いているプラス方向に力が加わり、

逆風では、マイナスの方向に力が加わっている。

 

多くの人は、風を読まないので、

根性論になり、向かい風のなか必死で進む。

 

時代が変わっているのに、その風に逆らう方向に向かう。

それでは、逆風になり、いくら努力しても結果がでない。

 

自分は、自分の能力、根性がないので、

風を読んでふわふわ浮きたいと思っている。

 

全ての現象は、理にかなっていれば、再現性が可能。

 

ブランドプロデュースの時は、

自転車ブームを発見し、

風の流れ、世の中のニーズを読んで、

そっちの流れを取り入れた。

 

スノーボードブランドから

一気に自転車ブランドに変貌した。

 

サーフィンスタイルのスノーボードパークも、

世の中のニーズ、流れを反映し、

スキー場に「 常設する 」という方式をとった。

 

多くの選手は、「 自分たちが滑るため 」に

スキー場のパークを作っていたが、

私は、「 お客さんが楽しめる場所を作ること 」考えていた。

 

全く、自分がプロデュースしたスキー場で滑ることは

頭に入れずにムーブメントを雑誌社、パーク制作会社などを絡め

作り出すことに集中していた。

 

今は、プロのスノーボーダーを引退し、

ようやく次の流れが見え始めた。

 

「 個人 」 x 「 企業 」

「 個人 」 x 「 商品 」

 

個人を軸にいろいろ展開してく仕組みを作りたい。

 

そのためには多くの人の協力が必要。

個人一人では、全くの無力。

 

束になってかかれば、大きな力になり、

そこに、企業の力を加えれば、更に大きな力となる。

 

見ていると、いろいろな業界で閉塞感が漂っている。

でも、まだやってないこともまだまだたくさんある。

 

時間が過ぎるのを待ち、いずれ衰退の道をたどるのか?

それとも、自分たちで道を切り開く側に立つのか?

ここが大きく違う。

 

年齢がもうすぐ35歳になり、今までとは違うやり方で、

道を作れるようになってきてると思う。

まだまだ、そよ風レベルだが、

みんなで力を合わせれば、きっと新しい風を吹かせることができる。

 

時代には、困難や、挫折、閉塞感があって

そんなときに時代の流れを変える新しい風が吹く。

停滞した風は、出口を探して流れ始める。

これも、1つの原理。

 

一生同じマイナスな方向に風が吹き続けることはない。

風向きが変わる瞬間を見つけ捉えられるか?

ここが勝負。

 

できる できる

 

「最速セルフブランディング術1.0」
~ 何をもって憶えられたいか? ~

 

Ichigo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月のおすすめのセミナー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月27日(木)【 インストラクター 】のためのセルフブランディング
http://ichigo-branding.com/archives/3332

7月19日(金)【 インストラクター 】のためのセルフブランディング
http://ichigo-branding.com/archives/3360

 

 

tel

メールでのお問い合わせはこちらから↓

mail

担当: 田中までご連絡ください。

 

 


テーマ:
事例紹介