【 道を知っていることと】の名言から

Facebook 集客セミナー

 

Ichigoの今日の名言
 
道を知っていることと

実際に歩くことは違う。 

                マトリックス
 
 
30際の時、人生最大の挫折を

 

味わい、目の前に2つの道があった。

 

35歳まで、プロの選手を続ける道。

 

 

 

そして、もう1つは、

 

30歳でプロを引退する道。

 

どちらを選ぶか凄く迷った。

 

今までの華々しい人生に未練もあった。

 
しかし、その先に自分が、

 

2倍以上成長できる気がしなかった。

 

もう、限界がそこまで来ていた。

 

周りからは、絶頂とみられ、

 

 

自分の中では、限界と感じる瞬間。

 

ここにギャップがあった。

 

アスリートにとって、

 

現役引退は、人生が大きく変わる。

 

 

私は、一番ピークのときに人生の

 

転機をとる決断をした。

 

そして、全てを失い、

 

人生に挫折した。

 

一時は、死を考えるほどだった。

 

ここまで自分が落ちるとは

 

思っても見なかった。

 

全てやりたいことはやり尽くした。

 

別に何も欲しいものはない。

 

そんな感覚だった。

 

そんな中、1つの希望の光は、

 

30歳に転機を迎えて、

 

35歳には、

 

違う形で世の中に戻ってくる。

 

この決意だけはなぜかあった。

 

そして、今年が35歳の年。

 

「 思考は現実化する 」

 

当時はどんな形になるのか

 

想像もつかなかったけど、

 

新しい形ができてきた。

 

いくら知識があっても

 

実際にやってみないと何も分からない。

 

「 道を知っていることと

 

  実際に歩くことは違う。 」

 

実際に経験した人、

 

一歩踏み出した人にしか

 

分からないことが沢山ある。

 

今年は、自分の次なる夢の、

 

「 世界中の人を光り輝くブランド人へ 」

 

向けてさらに進んいく。

 

今までは、スポンサーのメーカーや

 

ブランドの「 モノ 」に力を注いできた。

 

その能力、ノウハウを

 

これからは「 ヒト 」に力を注いでいく。

 

私は、16歳でプロのスノーボーダーに

 

なる「 夢 」を持ち、

 

21歳で「 夢 」を実現し、

 

30歳で、「 夢 」を見失い、

 

34歳で、新しい「 夢 」を発見した。

 

「 夢 」の持つ力、

 

人を引き寄せる力を改めて

 

体感することができた。

 

人間は、失ってはじめて気がつくことが多い。

 

こんな時代だからこそ

 
夢を持った人が活躍できる。

「 人生に夢があるのではない、
 

         夢が人生を創るのだ」

 

できる できる!!

 

「最速パーソナルブランディング術1.0」

 

【 世界中の人を光り輝くブランド人に ! 】

 

                

                        Ichigo

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介