オリンピックをみてセルフブランディングを考える

オリンピックの報道を見て思うことは、
セルフブランディングするにも、
業界内だけのかっこいいだけでなく、
世の中の人はどういう目線で見るのか?

という客観的な考えかたが大切だと改めて感じる。

業界内ではかっこよくても、

その業界を知らない人にとってはかっこ良くもなんともない。

ただの遊び。

何のためにやっているのか理解できない。

これは、ある意味素直な意見かもしれない。

バッシング的な内容に反論するよりも、

そういう意見をくつがえすためには何をする必要があるかを考えた方が近道だと思う。

そういう全く業界を知らない人達が感動して、

どうしても応援したくなる状況を作り出せるかどうかにかかっている。

俺らがやってることは、かっこいいんだ。

クールなんだ。

と言っているだけでは、
なにも動かすことはできない。

そういう人たちの心を動かすほどのインパクトが必要。

オリンピックは、それができる唯一のチャンス。

選手がどれほど努力して、あの場所に立てるかは自分も元アスリートとしてよくわかる。

でも、オリンピックに出る選手たちにはそれ以上の期待がある。

簡単ではないが、成績以上の結果を引き出してほしい。

残りわずか。

みんな頑張れ!!

20140210-192442.jpg


テーマ:
アメブロカスタマイズ作成・制作の実績紹介