成功の種は苦難の時にまかれ、失敗の種は得意のときにまかれる。

渋沢栄一

<Ichigo の今日の名言>

成功の種は苦難の時にまかれ、

失敗の種は得意のときにまかれる。

渋沢栄一

 

今思えば、プロの調子の良いときに、

失敗の種をまいたきがする。

もっと次のレベルにいけたはずなのに、

もっとシステムをしっかり構築しておくべきだった。

詰めが甘かった。

プロを引退し、苦難の時期にはいってから
ものすごく勉強するようになった。

苦難とは変革の時期。
そして、チャンスの時期

今はプロの最盛期とは、

全く違う思考、環境に変えた。

苦難の時期だからこそ、

人生を見つめ直し、

新しい道を見つけることができた。

この苦難の時期にどれだけ

努力できるか?

歯を食いしばって進んでいけるか。

ここにすべてはかかっている。

苦難をどう乗り越えて、

さらに飛躍できるか。

真価が問われる。

五年後、十年後、二十年後に

 

どこまでいきたいのか?

どんな人間になりたいのか?

 

ここが次の課題。

そのために今できることを

コツコツ積み上げる。

 

「 成功の種は苦難の時にまかれる。」

 

できる できる

 

「最速セルフブランディング術1.0」
~ 何をもって覚えられたいか? ~

 

Ichigo

 

tel

メールでのお問い合わせはこちらから↓

mail

担当: 田中までご連絡ください。

 

 


テーマ:
事例紹介