●【限定7名】残り三名! フリーランスのパーソナルトレーナー のための「個人と企業」の契約 サポートプロジェクト

IMG_2840

●【限定7名】残り三名!

フリーのパーソナルトレーナーの5大リスクとは?

先日、フリーのパーソナルトレーナーさんのコンサルティングを行なっていました。

そこで出てきた「5大リスク」は、

  • 怪我
  • 病気
  • 年齢
  • 集客リスク
  • 収入が不安定

ということでした。腕や足の骨折でも、仕事ができなくなるリスクがあります。この辺りは、アスリートと近い体を使った職業ということです。「フリーのトレーナー」と「企業に勤めるトレーナー」の差は、怪我・病気などによる収入の不安定さです。その代わり、しっかり稼げる方は、企業に勤めるトレーナーよりも、高額に稼げるメリットもあります。

このフリーのデメリットの部分を企業と契約することで少しでも定期的な安定収入を確保したり、怪我をしても他の仕事ができる準備をしていくことは本当に大切だと思います。

私は、プロのアスリートとして企業と契約することで、収入の安定を得ていました。23歳の時、前十字靭帯断裂で即手術。1年間戦線離をしました。しかし、企業との契約があったため、リハビリに専念し収入を減らすことなく復活することができました。さらには、その間に、契約企業を増やし収入は2倍になりました。まさに、「怪我の功名」でした。怪我で活動できなくなった代わりに、企業との契約に一年間力を入れたところ、契約企業が増えました。この経験は凄く大きかったと思います。もし、企業と契約していなければ、23歳で引退に追い込まれていたと思います。

こういった経験を生かして、フリーで頑張るトレーナーさん達の企業との契約のサポートしていきたいと考えるようになりました。今体が元気なうちに、少しでも収入があるうちに、準備することが必要です。怪我や病気をした後に、後悔しないようにしっかり準備しましょう。今実力がないからとか、まだ無名だとかは関係ありません。誰でもはじめは、何も契約がない所からスタートします。まずは、企業がなにを求めているか?を知ることが全ての始まりです。基礎から一緒に学びながら準備をしていきましょう!

【限定7名】のサポートプロジェクト動画解説

ご興味のある方はぜひご覧下さい。(動画:36分)

 

セミナーとプロジェクトの5つの違い

1.「単発」か「定期的かつ長期的」か。

セミナーは、単発の勉強になります。プロジェクトは、毎月一回の定期的開催になります。

2.参加者の違いは、「流動的」か「固定的」か。

セミナーは、参加者が毎回ばらばらになります。プロジェクトは、同じ目標に向かうメンバーで、毎月決まったメンバーになります。新しいメンバーがいないため、より濃い内容にステップアップしていきます。セミナーのデメリットは、いつも一番下のレベルに合わせてしまうので、なかなか難しい内容にはいれません。

3.内容レベルが、「入門編」か「中級レベル」か。

セミナーは「入門編」、プロジェクトは、「中級レベル」です。セミナーは、みなさんに知識を知ってもらうことを目的にしています。プロジェクトは、みなさんが企業へのアプローチ・交渉などをすすめながら、直接指導して進めていきます。セミナーは、「知識を得る場」。プロジェクトは、「実践」のサポートになります。

4.わからないときに「相談できる」か「相談できない」か。

プロジェクトは、定期的な開催になりますので、こちらで個別の流れが把握できるため、細かい相談にのることができます。セミナーで、質問や相談を受ける場合は、今の現状やどのようなプロセスで進んでいるかわからないため、深い内容の相談が難しいです。ソーシャルのLINEのグループ機能を使いながら、日々の小さな質問にもお答えします。

5.「自分でやる」か「サポートを受けながらやる」か。

トレーニングに例えると、セミナーは、知識を得て自分でトレーニングしたい人向け。プロジェクトは、サポート受けながら少しずつ重さを上げていきたい方向けです。1人で重いトレーニングは難しいですが、サポートを受けながら1人では出来なレベルへのチャレンジをしていきます。

 

 

お申込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介