錦織選手から学ぶスポンサー契約

スポンサー契約 若い選手

錦織選手から学ぶスポンサー契約

業界スポンサーではなくユニクロがメインスポンサーとして前に出ている。

上手いからユニクロがついた。もちろんそれもある。

でも技術以上に、プロとしての振る舞い、

インタビューの練習などそういうのを積んできた結果だと思う。

 

日本のマイナースポーツ業界を見渡しても、

ユニクロの契約金の額を出せる企業はない。

 

やはり、大企業がつくレベルの振る舞いや服装、

言葉遣い、礼儀、インタビューの受け答えなど、

そういったことも必要不可欠だと思う。

 

————————————–

ニュースからの抜粋

————————————–

テニスの全米オープンで日本人として初めて準優勝した錦織圭に対し、スポンサー契約を結ぶ「ユニクロ」のファーストリテイリングは9日、1億円の臨時ボーナス贈呈を決めた。準優勝賞金以外に今大会の活躍で得る収入は、今後も増加が確実。年収は昨年の11億円を大きく超える20億円に達する可能性もある。

————————————–

 

自分のいる業界のスポンサーだけをたよりにいて生きていく場合は、

それなりでもいいかもしれない。

 

でも、マスメディアを通して最大限の結果を得ようと思うなら、

全てを考え直した方がいいと思う。

 

こういうことを徹底している業界だけは、

その業界が伸び悩んでいても、稼げる選手を生み出してる。

 

理由は、稼いでいる企業がスポンサーとして名乗りを上げてくるから。

 

今後、日本のスポーツのなかで活躍を考えていく人達は、

錦織選手や日本で活躍する選手をもっと研究すべきだと思う。

 

業界内の上の選手を見習うのもいいですが、

もっと上を目指すことも大切不可欠になる。

 

上手いから業界外のスポンサーがつくのか?

初めから、業界外の大企業のスポンサーがつくように訓練したから大きなスポンサーがついたのか?

 

ここが大きく違う。錦織選手は、確実に後者。

アメリカのIMGで徹底的に技術以外も叩き込まれている。

 

私の見る限り、スノーボードでもこの辺りが徹底できていない。

今まで通りのながれ。うまくなればそのうちスポンサーが・・・・。

 

業界内でかっこ良いとされても、まだまだお茶の間やマスメディアからは、

そこまでの信頼を得ていない。

 

スノーボード業界のスポンサーの総額は激減している。

その中で、生き残っていくためには何をすべきか?

 

強い者が生き残ったわけではない。

賢い者が生き残ったわけでもない。

変化に対応した者が生き残ったのだ。

by ダーウィン

 

 

こういった時代の流れを読んで動く選手や個人が大きくフォーカスを集めると思う。

 

自己満足レベルでいくのか?

ビックチャンスを狙い、しっかり準備をしていくか?

 

周りがやっていないからやらないではなく、

周りがやっていないからこそ、チャンスがある。

 

こういったいろんな業界の成功事例を、マイナースポーツももっと取り入れていけると、

新しい流れが生まれてくると思う。

 

錦織選手はこういった教育を受けています。参考までに。

 

次のレベルを目指すか、今までの延長でいくか。

それは自分次第。

 

 

 

Ichigo

 

 

【無料】スポーツ業界に関わる人のためのセルフブランディング勉強会 IN 銀座

10月 14日(火)19:30~21:00

   30日(木)19:30~21:00

 

11月 13日(木)19:30~21:00

   25日(火)19:30~21:00

 場所:銀座

 

 

お申込みはこちら

 

 

 

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介