▶スポンサー契約の準備は万端ですか?

IMG_0898

本格的な契約のシーズンに入りました。

プロの活動は、これからが本番です。

私が実力以上に契約をとることができたのは、

この時期の活動に力を入れていたから。

 

多くの方を見ていると、

プロを目指していたり、

 

プロという肩書きがあるのに、

 

プロとしての契約の活動が足りていない。

 

「 まだ、実力が・・・・。」

 

これは言い訳。

 

実力がなくても、契約・協力関係をつくるために

準備をして動くことはできる。

 

私は、アマチュアの頃からすでにスポンサー契約があった。

 

大会の結果もない中、

契約を取ることだけを考えていた。

 

今振り返ると、

19歳の時に何も結果がない中、スポンサーをとったから

結果として上手くなった。

 

上手くなってから、契約をするのは実力がある人の考え方。

 

実力のない人は、いかに早く契約してもらい、

上手くなるかを考える。

 

 

 

契約のメインの流れは、四月がシーズンイン。

 

理由は、

1、多くの会社は3月決算が多いので

4月から新年度予算を組み始める。

 

2、ウインタースポーツは、今が来年の仕込みの時期

 

集中することは、

企業の新年度予算くいこんでいくこと。

 

 

 

プロの1年間のプロセスは、

 

1、契約のための準備

2、契約する

3、結果を出すための準備

4、結果を出す時期

5、次のシーズンの契約へ

 

という流れになる。

 

全ては契約から次のシーズンインする。

 

 

多くの人は逆になっている。

 

1、結果を出すための準備

2、結果を出す時期

4、契約のための準備

5、契約する

6、次のシーズンへ

 

これは、アマチュアのプロセス。

 

早くプロのプロセスに切り替えなければならない。

 

 

野球で例えるなら、

まずは、球団に入ることでプロとしての全てが始まる。

 

そこに入らなければ、

本当の意味での結果を出すことができない。

 

契約がなければ、

実力がある人が、

ただ好きでやっているにすぎないということ。

 

 

企業のマーケティング部署・セールス部署と

組んで、1年間どんな結果を出すかを、

話してから活動をしはじめなければ、

何も生まれる訳がない。

 

スポンサー側は、

勝手に活動をして、結果がでましたよ。

「お金出してくださいよ」と言われても

うちには全く関係ないですよ。

 

という話になってしまう。

 

多くの人は、ここで失敗している。

 

 

ということは、

プロの1年の始まりは契約で始まるわけです。

 

契約で始まらない場合は、

プロとしては、ブラブラしながら仕事をしていないのと同じ。

 

 

プロのニートと同じ。

 

プロとう資格をもったニート。

 

実際は、プロとして稼いではいない。

 

 

まずは、全精力をかけて契約を取ること。

 

これが、プロの第一の仕事です。

 

Ichigo

 

準備ができていない方、

やり方が分からない方は是非ご参加ください。

一緒に準備をしていきましょう!

 

●1Day セミナー 【 3名限定 】残り2名

「実践」スポンサーと契約する・協力関係構築セミナー

内容:実際にどのようにスポンサーを見つけるのか?

それぞれの方の実践方法を体験してもらう内容になります。

 

4月20日(日)

※5月25日(日)日程調整中

※ゴールデンウィークに受講したい方は日程のご連絡を

お願い致します。スケージュール調整致します。

< 時間割 >

10:30~12:30  セミナー  (2時間)

12:30~13:00  お昼休み

13:00~17:30  セミナー (4時間半)

合計 6時間半

 

参加費:21,600円(税込)

場所:銀座

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 


テーマ:
作成・制作の実績紹介