【 スノーボード業界チャンスのときこそ炎上に注意してほしい 】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【 スノーボード業界チャンスのときこそ炎上に注意してほしい 】

スノーボード業界は、かつてないほどのチャンスの時期。

でも、チャンスが多いほど失敗するとしっぺ返しも大きい。

多くの選手や関係者がテレビに出ていたり、

今後、みなさんの前にもマスメディアの取材陣が

 

現れると思います。

 

その時は、しっかりとした態度で、

 

出てもらえるとうれしいです。

 

1つのミスが、やっぱりスノーボードは野蛮だ。

 

とかいわれて一気に袋たたきにされることもあります。

 

 

「 でも、俺らはカッコしいし、このままだから 」

 

それは違うと思います。

 

 

平野歩夢選手、平岡卓選手がつかみ取った貴重なチャンスです。

 

 

このチャンスをみんなに活かしてほしいと思います。

 

 

「 勝って兜の緒を締めよ 」

 

戦いに勝った後こそ、兜のひもを締めるくらいの慎重さを持ちなさい。

 

と言う意味

 

 

 

一人の、心ない行動が全ての彼らの実績を吹き飛ばすこともあります。

 

 

それぐらい、マスメディアはメリットもありデメリットもあります。

 

 

芸能界を見ていても、人気があり引っぱりだこの人も、

 

一度炎上すると、メディアからシャットアウトされています。

 

 

スノーボード業界は目の敵にされやすい業界です。

 

 

是非、この辺りは大人な対応をしてもらえると嬉しいです。

 

 

マイナースポーツから、メジャースポーツになれるかどうかの

 

1つの分岐点です。

 

 

業界全体が、進化をしていく1つのキッカでもあると思います。

 

 

今までの延長ではなく、若い選手達に

 

ここから新しいスノーボードの時代をつくっていってほしい。

 

 

今までは、スノーボードの初期のアンダーグラウンドな時代を引きずった形。

 

 

これからは、国民的スポーツ、メジャースポーツの道を歩んでほしいと思います。

 

 

売れないロックミュージシャンよりも、

 

めちゃくちゃ売れるロックミュージシャンを目指してほしい。

 

 

よく、「 そんなのロックじゃねえ 」

 

という人に限って音楽で飯を食っていなかったりします。

 

 

 

メジャーなプロとして生きていく道を切り開くのか?

 

その辺の、小さなライブハウスで「 これがロックだ! 」

 

と言い張るのかは違うと思う。

 

 

平野歩夢選手、平岡卓選手など若い選手には、

 

次のステージへ上がっていってもらいたいと思います。

 

そのためには業界全体が進化していかなければならない。

 

 

みなさんも、そこに向けて進化していってみてはどうでしょうか?

 

若い選手は、ここ数年で確実に進化しました。

 

今度は、そこに関わる大人が進化する番です。

 

そのためにも、まずは、マスメディアでの真摯な対応をお願いします。

 

Facebookやブログでも、炎上するような投稿は是非控えてくださいね。

 

 

今は、想像以上にスノーボード業界が注目されています。

 

 

平野歩夢選手と平岡卓選手の功績を無駄にしないように!

 

 

 

一人一人の進化が、業界全体の進化につながります。

 

Ichigo

 

 

PS

是非、若い選手や業界の人達にも意識してもらいたいので、

シェア頂けると嬉しいです。

 

いい意味で、大人がしっかり周りを引き締めていってくださいね!

 

「 勝って兜の緒を締めよ 」

 

10年後振り返った時に、彼らの功績が伝説になりますように!!

 

 

Facebookでシェアする!

↓  ↓  ↓

https://www.facebook.com/ichigosag/posts/10153875881730624?notif_t=like

 

 

 

 

 

 


テーマ:
事例紹介